観光スポット検索
温泉エリア検索

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

HOME > おすすめモデルコース > 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

  • 移動手段/車
  • 所要時間/5時間
  • 距離/約30km

有馬キリシタン遺産記念館

有馬キリシタン遺産記念館は、世界遺産登録を目指している「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のガイダンス施設です。

南島原市における、キリスト教の伝来期から繁栄期までの歴史を示す「日野江城跡」や、潜伏のきっかけとなる島原・天草一揆の舞台となった「原城跡」のほか関連遺跡をわかりやすく解説しています。

__________________

 

観光スポット>>有馬キリシタン遺産記念館

関連ページ>>原城温泉 真砂(まさご)

 

 

車で5分

原城跡

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産です。

 

島原・天草一揆終焉の地。この一揆をきっかけに、江戸幕府は鎖国を完成させ、潜伏キリシタンは自分たちで信仰を続けることを余儀なくされ、メダイや十字架、多数の人骨が出土しています。

 

原城は明応5年(1496)、東肥前までも勢力を延ばし当時26万石ともいわれた領主・有馬貴純によって築かれたといわれ、周囲4キロの三方を有明海に囲まれ難攻不落の天然の要害で、本丸・二ノ丸・三ノ丸・天草丸からなり、別名「日暮城」とも呼ばれた美しい城であったといわれています。

__________________

 

詳しく見る>>世界文化遺産「原城跡」

 

車で12分

日野江城跡

色鮮やかな陶磁器の破片なども出土している「日野江城跡」。

※階段遺構が発掘されていますが、現在は保護の為埋め戻されています。

 

宣教師ルイス・フロイスは、城の様子を「この建物の美しくみやびやかなたたずまいを一同は気に入った。大小の部屋はすべて黄金の品や典雅で華麗な絵画で飾られていた。この屋敷は最近、有馬晴信の手で建てられ、見事な出来栄えとなった城郭の中にある。その城郭を見たポルトガル人たちは、日本にこれほど壮麗な建造物があるなど考えてもみなかった。」と書き記しています。

__________________

 

観光スポット>>日野江城跡

 

車で18分

有家キリシタン史跡公園

有家町には現在33基のキリシタン墓碑の所在が確認されており、1986年、町内の尾上、力野、桜馬場に点在していた墓碑を集め、史跡公園として整備されています。現在、キリシタン墓碑21基が合祀され、それぞれ、「類子(ルイス)銘入り扁平蓋石型」「花十字紋入り扁平蓋石型」などの種類のキリシタン墓碑があります。また、園内には純白の十字架が建てられています。有家温泉神社上のなだらかな丘陵地帯にあり、前方には島原湾がひらけ、島原・天草一揆に関わる湯島(談合島)が見えます。

ルートマップ