南島原市は、戦国時代から江戸時代初頭までキリシタン文化が栄華を極めた場所です。

歴史の教科書にも太いゴシック体で出てくる「天草・島原の乱」の終焉地でもあり、その舞台となった原城は2015年の世界遺産登録に向けて、再び人々の前に現れてきました。

現在、南島原では原城跡観光ガイドさんが原城跡にて、島原の乱の終末期にそこで何が起こったのかをわかりやすく解説してくれます。

その模様を撮影した動画です。

《動画提供》南島原ひまわり観光協会さま
ご提供ありがとうございます。